MENU

消費者金融から借りるには

結論から言うと、専業主婦が消費者金融から借り入れすることは難しいです。
なぜなら総量規制法という貸金業法があり、収入の3分の1までに借入限度額が限定されてしまうからなのです。
そのため、無収入の主婦だと借り入れることができません。
中にはが可能なところもあります。
その場合は、配偶者貸付けが可能である業者であれば借入れることができる。
そのような消費者金融に申し込む際には

  • 婚姻関係の証明書
  • 本人確認書類
  • 配偶者の同意書
  • 収入証明

などの書類の提出が必要となりますので知っておきましょう。
パートやアルバイト等で定期的収入があれば審査・融資スピードで有利な消費者金融で借入れることをオススメします。

 

専業主婦が利用できるカードローンは、総量規制対象外である銀行の商品に限られます。
消費者金融やクレジットカード会社は総量規制の対象なので、仕事を持たず自身の収入が一切無い人への貸付は不可となっていることがその理由です。
大手の銀行では少額融資専用のキャッシング枠を設けるなど、専業主婦でもお金を借りやすいカードローンを提供しています。
夫に定収入があるという条件を満たせば申込可能で、収入証明書をはじめ面倒な書類の準備も不要というのもメリットが大きいです。
パソコンやスマートフォンによるインターネット申込や、全国に設置されている無人契約機での申込みなら簡単に手続きができます。
また条件次第では最短で当日中にキャッシングサービスが利用できる可能性もあります。

 

銀行から借りるには?

銀行から借り入れる場合、銀行カードローンを利用します。
なぜ利用できるのかというと、
銀行のカードローンは先ほど述べた総量規制対象外になっているのです。
そのため無収入の主婦でも借入れ可能となります。
申込みの際に必要なのは本人確認書類があれば問題ありません。
なので旦那に内緒で借入れしたい人にもおすすめです。
ただし、専業主婦の方用のキャッシング枠内での借り入れとなっているため、
融資を受けられる額が少額になっています。

 

専業主婦なら銀行で借りる

まとめとして、無収入の専業主婦は銀行カードローンを利用することをおすすめします。
インターネットで申込むことも可能ですので、旦那や家族にもばれる心配もありません。
銀行によっては既に持っている銀行口座に振込というところであれば
即日融資可能なところも多いため、急いでる人にもぴったりです。